江東区議会議長 若林しげる Official Site

活動記録
※詳しくは区議会HPをご覧下さい

 

○今期の取組み

 

議会風景

 

(2020.12.21) 鉄道駅における安全対策の推進に関する要望書

 鉄道駅における安全対策のための整備促進が進められている中、本年11月29日、本区内の東京メトロ東西線東陽町駅にて、視覚障害者の男性がホームから線路に転落し、死亡するという大変痛ましい事故が発生した。
 国は、公共交通機関の旅客施設に関する移動円滑化推進ガイドライン(バリアフリー整備ガイドライン旅客施設編)を示しているところであるが、ホームドア設置等の安全対策については、駅構造などの課題を踏まえつつ推進している途上であり、なお時間を要する見込みであるものの、本区として、国や都、各鉄道事業者と協力して、種々の安全対策を進めてきているところである。
 事故後、国においては、木目細かな分析に基づき再発を防止していくこと、整備ペースを加速化することに言及されており、本件の事業者におかれては、警備員の増員や音声装置の設置、ホームドア稼働時期の前倒し等の対応を取られている。
 本区議会としては、今後、本件のような悲惨な事故を防止するため、区民や利用者の皆様の命を守ることが最優先であるという強い決意の下、行政や各鉄道事業者と連携しながら、引き続き安全対策を推進する所存である。また、区民の皆様にも「声掛け・サポート」運動の趣旨に沿ったお願いをし、ともに支え合い、全ての区民が、互いに人格や個性を尊重しながら、地域で安心して暮らすことのできる共生社会の実現に向けて取り組んでいく決意である。
 よって、本区議会は、各鉄道事業者におかれては、ホームドア設置をはじめ、視覚障害者用誘導ブロックの設置箇所の再検討や音声案内等、事故防止に向けた安全対策を更に推進するよう要望するものである。

令和2年12月21日
江東区議会議長  若 林 しげる

東日本旅客鉄道株式会社
東武鉄道株式会社
東京地下鉄株式会社
東京都交通局
東京臨海高速鉄道株式会社
株式会社ゆりかもめ
宛て

 

(2020.12.18) 清掃港湾・臨海部対策特別委員会 議長発言

 これまで、沢山の方の質疑がありましたが、私からは議長として3点申し上げます。
 11月に、豊洲市場の関係者へのコロナ感染が相次ぎましたが、組合等のご努力・ご協力で自主検査をしていただき、12月に入り、状況は落ち着いてきていると考えられます。風評被害を招かないよう、都には豊洲市場の安全・安心を積極的に広報・アピールしていただくことを要望しておきます。
 2点目です。千客万来施設の着工について、本日ご報告をいただきました。賑わいの創出や、地域と市場をつなぐ役割を果たすだけでなく、豊洲市場本体の活気を支える意味合いも大きいところです。ぜひ、千客万来施設では、着工と同時に、今、築地の場外で賑わいを継承・発展させている、昔は仲間、今後来ていただければライバルとなる、そういった企業・商店に力をいただけるように、声をかけていただきたい。こういう考えで何らかの知恵が必要だろうということで、家賃といいますか、施設の使用料、そういうところの工夫もひとつ、今後の検討課題になるのかと思います。あまりきれいなお店を並べても魅力はないと思いますので、原点の「場外と市場」ということを考えて作り上げていただきたいと思います。
 最後に、千客万来施設の開業はまだ先ですが、市場内にはすでに「魚がし横丁」などの物販店舗や飲食店舗があります。コロナで来訪者が減少し、経営状況にも大きく影響が出ていると聞いています。こうした場内の店舗にも目を向けていただき、色々な支援策、イベントなど、そして地域巡回のバスやホテルからの送迎、乗降場所など、ありとあらゆる必要な事業について早急に検討していただきたいと思います。これについては、東京都、そして江東区にも協力できると考えておりますので、ぜひとも実施していただけるよう、要望しておきます。

 

(2020.12.15) 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催と成功に関する決議

 江東区は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」と言う。)について、本年夏の開催に向け、国、東京都、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下「組織委員会」と言う。)などの多くの大会関係者とともに準備を進めてきた。しかし、新型コロナウイルス感染症の世界的な広がりを受け、一年の延期が決定した。
 オリンピックは単なるスポーツの祭典というだけでなく、恒久平和の祭典でもある。また、パラリンピックは社会が多様性を認め、共生社会を具現化するためのメッセージとなる。東京招致を決定した平成23年、日本は東日本大震災に見舞われ、先行きの見えない不安と閉塞感に覆われていた。大会を通して、震災から力強く復興した被災地の姿を全世界に示し、寄せられた支援への感謝を伝えることができる。
 また、東京2020大会は、文化の祭典でもあり、世界中の文化の灯を再び力強く輝かせていく契機とすべき大会でもある。
 今、人類は新型コロナウイルス感染症という危機に直面しているが、世界が一丸となってこの難局を乗り越え、大会の開催と成功に果敢に取り組むことは、懸命に練習に励んできたアスリートだけでなく、開催を心待ちにしているこどもたちをはじめ、全世界の人々に勇気と希望を与えることになる。
 無論、開催に向けては、感染状況を十分踏まえ、アスリート、大会関係者、観客、そして、地元住民など、全ての人々にとって安全で安心な大会となるよう、国、東京都、組織委員会において万全の対策を講じる必要がある。
 よって、江東区議会は、日本にとって「復興オリンピック・パラリンピック大会」であると同時に、世界にとっては、新型コロナウイルス感染症を乗り越える大会となる東京2020大会の開催と成功に向けて、国、東京都、組織委員会など関係機関と緊密に連携・協力し、万全の体制を構築して取り組んでいくものである。
 以上、決議する。

  

令和2年12月15日
江東区議会

 

▲ページトップへ